AX

酵素と酵母はどう違うのか

酵母と酵素の違い

酵母は身体に良いらしい、いや、酵素の方がいいって聞いた・・・酵母と酵素の違いを理解していないと、いつまで経ってもこの論争に結論はでませんね。

 

もちろん、どちらも私たちの健康にとても深く関係しているものですが、酵母と酵素、それぞれがどんなものなのかを知るところから始めるといいと思います。

 

酵母とは何か

酵母とは、自然界のあらゆるところに存在している大きさは5〜10ミクロン程度の単細胞の微生物です。酵母は植物に含まれる糖をアルコールと炭酸ガスに分解します。この働きを発酵と言っていて、日本酒やビール、ワインなどの酒類を醸造する際にはなくてはならない存在です。

 

味噌や醤油、納豆などを作る際にも、酵母は必須なんです。

 

もちろん、酵素サプリを作る際にも酵母が使われています。酵母が作り出した酵素を濃縮させてサプリメントにしているワケです。文字通り、酵素の母とも言うべき存在が酵母なんですね。

 

でも、酵母が作り出す酵素は、私たちの身体の中にある“体内酵素”とは全くの別物だということを理解していてください。酵母が作り出す酵素は体外酵素であって、それを食べたところで、それがそのまま体内酵素になるのではありません。

 

酵素とは何か

酵素とは何かというのは、酵素とはのページを読んで頂くとよく理解して頂けると思います。

 

生酵素サプリには酵母から生まれた酵素が含まれています。そして同時に酵母によって分解されたあらゆる食材の栄養素が入っています。それらを摂る事で懲戒環境が整って、腸内の善玉菌が酵素を生み出します。その酵素こそが体内酵素となって私たちの身体中を巡って健康にしてくれるんです。

 

おすすめの生酵素はこちら